気をつければ副作用はほとんど防げます

医療行為であるレーザー脱毛ですが、当然副作用の可能性もあります。一番注意しなくてはならないのが熱傷(やけど)です。

 

では、どういった場合に熱傷が起きてしまうのでしょうか。まず、レーザーの出力を誤ってしまった場合です。出力が低すぎると十分な効果を得ることはできませんが、逆に高すぎると熱傷を起こすのです。

 

また、日焼けした肌や色素沈着を起こした肌には、熱傷が起きる場合があります。レーザーはそもそも、メラニンに吸収されるもので、その効果を利用して毛根を焼き、脱毛しています。要するに肌にメラニンが多い場合、そちらにも反応して表皮の温度が上がり、熱傷を起こします。

 

さらに、皮膚に化粧品(日焼け止めなど)が塗布されている場合は、その中に含まれる物質がレーザーと反応して熱傷を起こした例もあります。いずれの場合も、医師の正しい判断が必要になります。最近では、メラニンの多い肌にも副作用を起こしにくいコメットと呼ばれる機器も登場していますので、心配な方は相談してみるとよいでしょう。

 

また、もし熱傷を起こしてしまっても、数か月で症状は治まります。ただ熱傷とともに色素沈着が起きてしまった場合は、なかなか消すことは難しいようです。