レーザー脱毛の痛みについて

昔からクリニックでの脱毛というと「痛い」というイメージがありました。
特にレーザー脱毛が発達する前は、針を使い電気を通して脱毛していたため「脱毛の施術は痛い」というのが定説になってしまったようです。
しかし最近のレーザー脱毛はひどい痛みを感じる人はほとんどおりません。
よく例えられているのが「輪ゴムをパチンと弾いた」程度の痛みです。
それさえも最初の一回は痛いと感じる人も、回を重ね、毛が少なくなったり慣れてくると気にならなくなる場合が多いのです。

 

もちろん全く無痛ではありません。
レーザー脱毛では毛根の色の黒い部分に対して反応させるため、毛の色の濃い部分や太い場合は痛みも大きくなる傾向があります。
またレーザーの種類によっても痛みに違いが出るようです。
日本では、比較的痛みが少ないとされるアレキサンドライトレーザーを使用しているところが多いようです。

 

痛みの感じ方には個人差もありますよね。
特に敏感な方は医療機関で相談されてみてはいかがでしょう。
医療レーザー脱毛を行う医院やクリニックであれば、痛みの対策として麻酔や笑気ガスを使用できるところもあります。
また、皮膚を吸引しながら脱毛することで痛みを和らげる方法を採用しているところも多いですよ。
カウンセリングとともにテスト照射してくれるところならばさらに安心でしょう。

レーザー脱毛のリスクについて

ムダ毛のお手入れから開放され、肌がキレイになることの多いレーザー脱毛ですが、多少のリスクもあります。
副作用の可能性とともに、リスクに対しても注意しておきましょう。

 

レーザー脱毛だけでなく光脱毛でも、少なからず施術によって肌は炎症を起こします。
肌の弱い方の場合は、数日ヒリヒリとした感じが残ることもあります。
ここで大切なのが適切なケアをするということです。
医療機関のレーザー脱毛では炎症止めの軟膏などが処方されますので、指示に従って塗布するようにしましょう。

 

またごくまれに毛が硬くなったり(硬毛化)、毛が増えたり(増毛化)することがあります。
顔や腕のうぶ毛に照射した際に発症する場合がありますが、これは回数を重ねることで徐々に脱毛することができます。
コース期間終了後も保障のあるようなところや、内容(効果)保障のあるようなところを選ぶと安心です。

 

最後に脱毛後は日焼けによるダメージが倍増します。
特に施術間もない頃は、脱毛によって赤味を帯びた部分に日焼けを重ねてしまうと、そのまま色素沈着して茶色く残ってしまうことがあります。
脱毛の施術後は日焼けには充分注意しないといけません。

 

これらのリスクはレーザー脱毛でも光脱毛でも起こりうることですが、医療機関での脱毛であれば即座に対応してもらうことが可能です。
より安全な脱毛を望むのであれば医療機関でのレーザー脱毛をおすすめします。